ショートステイ

2019.09.17

こんにちは。

暑くなったり、涼しくなったりと気温が落ち着かないですね。

どんどん日が短くなり、少しさみしい気もしますよね。

くれぐれも体調を崩さないように気をつけてください。

  

 

今日は認知症のかたが、ショートステイを利用したエピソードをご紹介します。

83歳男性のAさんはアルツハイマー型認知症で治療を受けています。

長男のご家族と同居し、食事の用意などはご家族がしてくれます。

多少のもの忘れはありますが、身のまわりのことは自分でしており、

会話もしっかりとできていました。

  

しかし経過中に徐々に意欲がなくなり、

日中も部屋にこもることが多くなりました。

そのうちに食欲もなくなり、体重はどんどん減っていきました。

色々な検査でも食欲低下の原因となる病気はみつかりません。

認知症の進行なのかもしれないと家族とお話をしていました。

デイサービスを利用したりして、状況を改善しようとしましたが、

症状は悪くなるばかりです。

もちろん薬の調整も行いましたが、効果はありませんでした。

ある時、ちょっとしたきっかけでショートステイを利用しました。

  

  

  

  

  

 数日間限定で施設入所をするのです。

すると環境の変化に緊張を感じたのか、

生活のふるまいに改善が出はじめました。

食事をしっかりするようになり、身の回りのこともできるように。

体重も少しずつ改善し、数か月の後に元の体重までに戻りました。

  

認知症では一般的に、環境の変化は状態を悪くさせることが多くみられます。

しかし今回は、むしろ緊張を強いられる環境で症状が劇的に改善しました。

こういうこともあるのだと、考えさせられたエピソードです。

介護者からすると

「ショートステイに送り出すのは抵抗がある」 

と感じている人もいるかもしれません。

  

でもこのように、皆さん多くの経験を経てきているせいか、

適応しようとする力は、まだまだ捨てたものではありません。

介護者の方の息を抜くためにも、

ショートステイは、ぜひ利用するとよいと思います。 

あしがムズムズ

2019.08.30

こんにちは。

暑さがひと段落と思った矢先に、大雨だったり、また暑くなったり…

かぜをひかれるかたも増えています。

睡眠はしっかりとるようにしてくださいね。

   

さて、今回はその睡眠にも少し関連のあるおはなしです。

この季節はエアコンがないと寝苦しいですよね。

  

ただ、この暑さとは別に、夜にベッドに横になった時に、

「手足がムズムズしてじっとしていられなくなる」

なんて症状を感じることはありますでしょうか。

この手足のムズムズするいやな感じは、

「手足を少しもぞもぞと動かすと良くなる」

なんてことを感じるかもしれません。

これらを

「むずむず脚症候群」

もしくは

「レストレスレッグス症候群」

といいます。

立派な神経機能の異常のひとつなんです。

   

 

  

  

正確には

①じっとしているとムズムズしてきて

②つい手足を動かしたくなり

③動かすとすこしムズムズがよくなり

④この症状は夕方から夜に感じやすい

という特徴があります。

    

「むずむずあし」といいますが、

おなじムズムズ感が手に出ることもあります。

からだの中の鉄分が不足して起こることもあれば、

脊髄が悪いことが原因であったり、

また腎臓が悪くて起こったりすることもあります。

その一方で、はっきりとした原因がわからないことも多くあります。

日本では100人に4~5人くらい発症しています。

    

この「むずむずあし」が何故つらいかというと、

気になってしまってあまり良く眠れなくなってしまうのです。

  

  

  

  

  

今では、この症状に対して効果があると言われているいくつかの薬があります。

もしお困りの方がいらしたら、一度クリニックで相談してみるとよいですよ。

不整脈で脳梗塞!?

2019.07.26

こんにちは。

いよいよ暑くなってきましたね。

台風が過ぎれば、夏本番に突入しそうです。

いかがお過ごしでしょうか?

  

今日は「ほうっておきたくない不整脈」のお話をしますね。

不整脈とは脈のリズムが乱れてしまうもので、

心臓の拍動のリズムが悪くなることです。

実はその不整脈のなかに脳梗塞をひきおこしてしまうものがあるんです。

  

     

「心臓のリズムの問題なのに、

なんで脳の血管がつまる“脳梗塞”になってしまうの?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 心臓は酸素を多く含んだ血液を全身に送るポンプの役割をしています。

そのポンプが一定の決まったリズムではたらくことで、

血液がよどみなく流れるようになっています。

ところが、このポンプのリズムが狂うと

血液のよどみが心臓の中でできるようになります。

血液はあるところにとどまると固まってしまいます。

皮膚で出血した時にかさぶたができるのと同じです。

もし心臓が不整脈のためにポンプ機能をちょっとの間やすめてしまうと、

血液のかたまりが心臓の中でできてしまうのです。

これを血栓といいます。

  

     

    

  

 心臓の中でできてしまった血栓が心臓の中にとどまってくれれば

あまり問題を起こさないのですが、

ときにポンプの圧力で心臓から外に押し出されてしまいます。

すると、心臓から近くにある血管が脳へむかう血管なので、

脳の中へ血栓が飛んでいってしまいます。

そうなると今度は、血栓が脳の中の血管でつまってしまいます。

血管がつまれば、血流がいかなくなり、脳の組織が死んでしまう…

つまりは脳梗塞になってしまいます。

脳梗塞の原因となる不整脈は、早ければ30代からでも起こり得ますので

注意が必要なのです。

脈や心電図はぜひ定期的にチェックしましょう。

    

PAGE TOP