転倒のあとの脳出血

2019.08.17

みなさんこんにちは。暑い日が続きますね。

当院でもお盆休みをいただき、スタッフみんなリフレッシュいたしました。

8月16日から診療を再開しています。

  

さて今回は転倒のあとにしばしばみられる脳出血の話をしますね。

「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」という病気です。

聞きなれない難しそうな名前ですが、

高齢の方にはしばしばみられる脳のケガです。

転んで頭をぶつけて、頭の中に血液がたまってしまうのです。

    

82歳男性のAさんはある日玄関先で掃除をしていると、

段差につまずいて転倒してしまいました。

  

   

  

  

頭をぶつけた感じはなかったとのことです。

転倒後に腰痛がひどくなり、整形外科にかかって腰の骨を調べてもらいました。

幸い骨折はなかったそうで、腰痛も痛み止めで少しずつ良くなってきました。

ところが徐々に歩くのに力が入らなくなり、

トイレに行くのも大変になってしまいました。

ある朝いよいよ歩けなくなり、緊急入院となりました。

入院後さらに左の手足の動きが鈍くなり、ここでやっと頭のCTをとると、

なんと頭の中に血のかたまりができていたのです。

     

  

左と書いてある方のうっすら白く見えるのが
血液のたまりです。

  

  

このように、頭をぶつけたかどうかもわからない衝撃でも、

数日~数週をかけてジワジワと出血がかたまりのように大きくなることがあります。

数週間かけて脳の圧迫症状を出してくるのです。

転んですぐではなく、時間をかけて症状が出てくるので、

転んだことすら忘れていることがよくあります。

こうなったら、血液を吸い出す処置(手術)が必要になってきます。

こんなこともあるので、私たち医師も

「どうもおかしい」

と思えば脳のMRIやCTを行うようにしています。

この慢性硬膜下血腫は、本当に色々な症状ででてくるので、私たちを悩ませます。

認知症サポート医

2019.08.02

いやいや、暑くなってきました!

外にいると、汗が噴き出てきますよね。

クリニックの中にいると、なかなかわからないのですが、

ちょっと外に出ると、汗がふき出てきます。

外でのお仕事は、ぜひ気をつけてくださいね。

  

さて、先日7月27日土曜日は、少しだけお時間をいただき、

診療終了時間を早めさせていただき、

「認知症サポート医養成研修会」

という研修会に参加してまいりました。

  

  

「土曜の昼から夜まで」と「日曜の朝から昼まで」の2日間、

日本全国からこの研修会のために医師が集まってきており、

ビックリしました。

  

「地域での認知症の方の診療、

そして日常生活のサポートにどのようにかかわっていくべきか」

というような内容で、

医学的な講義だけでなく、地域連携システムや行政のかかわり方など

色々な講義がありました。

  

まだ、私も花畑に来て、日が浅いですが、地域での認知症サポートにも

力を惜しまず、協力していきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

認知症のこと
ぜひご相談くださいね

不整脈で脳梗塞!?

2019.07.26

こんにちは。

いよいよ暑くなってきましたね。

台風が過ぎれば、夏本番に突入しそうです。

いかがお過ごしでしょうか?

  

今日は「ほうっておきたくない不整脈」のお話をしますね。

不整脈とは脈のリズムが乱れてしまうもので、

心臓の拍動のリズムが悪くなることです。

実はその不整脈のなかに脳梗塞をひきおこしてしまうものがあるんです。

  

     

「心臓のリズムの問題なのに、

なんで脳の血管がつまる“脳梗塞”になってしまうの?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 心臓は酸素を多く含んだ血液を全身に送るポンプの役割をしています。

そのポンプが一定の決まったリズムではたらくことで、

血液がよどみなく流れるようになっています。

ところが、このポンプのリズムが狂うと

血液のよどみが心臓の中でできるようになります。

血液はあるところにとどまると固まってしまいます。

皮膚で出血した時にかさぶたができるのと同じです。

もし心臓が不整脈のためにポンプ機能をちょっとの間やすめてしまうと、

血液のかたまりが心臓の中でできてしまうのです。

これを血栓といいます。

  

     

    

  

 心臓の中でできてしまった血栓が心臓の中にとどまってくれれば

あまり問題を起こさないのですが、

ときにポンプの圧力で心臓から外に押し出されてしまいます。

すると、心臓から近くにある血管が脳へむかう血管なので、

脳の中へ血栓が飛んでいってしまいます。

そうなると今度は、血栓が脳の中の血管でつまってしまいます。

血管がつまれば、血流がいかなくなり、脳の組織が死んでしまう…

つまりは脳梗塞になってしまいます。

脳梗塞の原因となる不整脈は、早ければ30代からでも起こり得ますので

注意が必要なのです。

脈や心電図はぜひ定期的にチェックしましょう。

    

PAGE TOP