ショートステイ

2019年09月17日

こんにちは。

暑くなったり、涼しくなったりと気温が落ち着かないですね。

どんどん日が短くなり、少しさみしい気もしますよね。

くれぐれも体調を崩さないように気をつけてください。

  

 

今日は認知症のかたが、ショートステイを利用したエピソードをご紹介します。

83歳男性のAさんはアルツハイマー型認知症で治療を受けています。

長男のご家族と同居し、食事の用意などはご家族がしてくれます。

多少のもの忘れはありますが、身のまわりのことは自分でしており、

会話もしっかりとできていました。

  

しかし経過中に徐々に意欲がなくなり、

日中も部屋にこもることが多くなりました。

そのうちに食欲もなくなり、体重はどんどん減っていきました。

色々な検査でも食欲低下の原因となる病気はみつかりません。

認知症の進行なのかもしれないと家族とお話をしていました。

デイサービスを利用したりして、状況を改善しようとしましたが、

症状は悪くなるばかりです。

もちろん薬の調整も行いましたが、効果はありませんでした。

ある時、ちょっとしたきっかけでショートステイを利用しました。

  

  

  

  

  

 数日間限定で施設入所をするのです。

すると環境の変化に緊張を感じたのか、

生活のふるまいに改善が出はじめました。

食事をしっかりするようになり、身の回りのこともできるように。

体重も少しずつ改善し、数か月の後に元の体重までに戻りました。

  

認知症では一般的に、環境の変化は状態を悪くさせることが多くみられます。

しかし今回は、むしろ緊張を強いられる環境で症状が劇的に改善しました。

こういうこともあるのだと、考えさせられたエピソードです。

介護者からすると

「ショートステイに送り出すのは抵抗がある」 

と感じている人もいるかもしれません。

  

でもこのように、皆さん多くの経験を経てきているせいか、

適応しようとする力は、まだまだ捨てたものではありません。

介護者の方の息を抜くためにも、

ショートステイは、ぜひ利用するとよいと思います。 

PAGE TOP