脳卒中のあとの手足のつっぱり

2019年07月16日

みなさん、こんにちは。

なかなか暑くなってこないものですね。

暑がりの自分としては快適なのですが、

野菜のお値段が高くなってしまうのも困りものですね(汗)。

  

今日は脳卒中後に生じてしまう、手足のつっぱりについてお話しますね。

近年の医療の進歩により、脳卒中で亡くなる方は減少しています。

ところが、脳卒中がおこってしまったために、

色々な後遺症を抱えている方もいらっしゃると思います。

こうした後遺症が日常生活の支障となり、

介護されているご家族の方に大きな影響を及ばすこともあるでしょう。

その中で、手足の筋肉が緊張して起こる“つっぱり”についてお話します。

例えば、

指をグーで握りこんだまま開かず、

手洗いができなかったり、

爪が切れないという困ったことがあります。

肘が”くの字”につっぱってしまって伸びないために、

着替えの時に痛い思いをしたり…。

なかには見た目を気にされている方もいると思います。

   

  

  

  

これらの症状が起こる原因としては、

神経の働きにより筋肉が異常に緊張してしまうことにあります。

このような手足のつっぱりに対する治療法の一つとして、

ボツリヌス療法というものがあります。

以前のブログで顔面のけいれんの時にも出てきた注射の薬です。

      

  

      

  

筋肉を緊張させている神経の働きを抑えるために注射を打ちます。

すると、

筋肉が柔らかくなり、

つっぱりの痛みが和らいだり、

曲げたり伸ばしたりの動作がしやすくなる、

などのことが期待できます。

また、注射後にリハビリやストレッチを積極的にやることで、

この治療法の効果を最大限生かすことができます。

  

  

    

発症から時間が経っていても効果がでることが多くあります。

つっぱりに悩まれている方は、

一度トライしてみる価値は十分にあると思いますよ。

ぜひご相談をしてみるとよいと思います。

PAGE TOP